【WIN5予想】2020年11月29日(日)ジャパンカップ

今週の WIN5 対象レース
14:25発走 東京10R シャングリラ賞 ダ1600m(左)サラ系3歳以上2勝クラス(混)[指]ハンデ 出走登録34頭/フルゲート16頭/16頭
14:40発走 阪神10R 立雲峡ステークス 芝1600m(右外)サラ系3歳以上3勝クラス(混)(特指) 定量 出走登録12頭/フルゲート18頭/11頭
15:00発走 東京11R ウェルカムS 芝2000m(左)サラ系3歳以上3勝クラス(混)[指]ハンデ 出走登録19頭/フルゲート16頭/16頭
15:15発走 阪神11R カノープスS ダ2000m(右)サラ系3歳以上オープン(国際)(特指)ハンデ 出走登録19頭/フルゲート16頭/15頭
15:40発走 東京12R ジャパンC 芝2400m(左)サラ系3歳以上オープン(国際)(指)定量 出走登録17頭/フルゲート18頭/15頭

全体感
シャングリラ賞が出走登録34頭あり、18頭除外になっているが、他のレースも含めて残念な除外というのは無い模様。素直な予想で良いのではないかと思われる。ただ、ジャパンCが混戦で、ずぱり勝ち馬を指名するのが難しい状態無敗の3冠馬2頭、コントレイルとデアリングタクト、8冠馬のアーモンドアイが一緒に走ってくれて競馬を盛り上げてくれるのはとても嬉しい事ですね。競馬ファンやっててよかったと思いますこの歴史的なレースをしっかりと見届けたいですね

1戦目 14:25発走 東京10R シャングリラ賞 ダ1600m(左)サラ系3歳以上2勝クラス(混)[指]ハンデ 出走登録34頭/フルゲート16頭/16頭

データ検索条件:2勝クラス、東京、ダート、1600m、3歳以上、混合、ハンデ、2010年~、対象レースは4戦
騎手、調教:美浦100%
年齢、性別:4歳中心、牝馬も1勝
斤量、馬体重: 53.5~55kg, 55~57kg それぞれ2勝 11.0~11.5%が3勝、11.5~12.0%が1勝 480kg~499kgが3勝、500kg~519kgが1勝
枠番、馬番:脚質: 先行1,中団1,後方2 上り最速3勝、2位1勝
人気、単勝オッズ:1~3番人気で4勝、単オッズ6.9以下
馬主、生産者:偏りなし
種牡馬、母父:偏りなし
間隔:2週3勝、明け3戦以内で3勝
前走クラス、コース:同クラス3勝、昇級1勝、東京ダート1600m
短縮ショッカーリーチ: 
アースライザー 短縮D、前走で短縮ショッカー決めたばかり。ここは見送りか? 
セラン 強い
逆ショッカーリーチ: 
スピードオブラブ ショッカー関係なく強い 
フリーフロー 前走GIII、大敗と圏内が交互、今回はパフォーマンス上げる番 
ペイシャムートン テンP50 山田と江田は別の馬に乗る 
ランパク 短縮A 1600は長い印象

考察
上りの速さ、上りP15のオーバーデリバーと前走前が塞がったフルデプスリーダーを選択3歳牝馬で関西から遠征してきているセランは消し

逃げ候補:11.セラン
想定ペース:ミドル
結論と印:
◎ 9.オーバーデリバー
○ 13.フルデプスリーダー
注 6.ランパク、7.ペイシャムートン
消 11.セラン

2戦目 14:40発走 阪神10R 立雲峡(りつうんきょう)ステークス 芝1600m(右外)サラ系3歳以上3勝クラス(混)(特指) 定量出走登録12頭/フルゲート18頭/11頭

データ検索条件:3勝クラス、阪神、芝、1600m、外回り、3歳以上、混合、定量、2010年~、対象レース14戦
騎手、調教:福永3勝、須貝、松永幹夫厩舎が2勝、関西馬
年齢、性別:3歳~6歳、4歳が7勝、牝馬3勝
斤量、馬体重: 55~58kg、57kgが8勝 体重比11.0~12.5%、11.0~11.5やや有利 440kg~519kg、480~499kg が5勝
枠番、馬番:3,4,7,11番から複数回勝ち、1枠1番は0勝
脚質:何でもあり
人気、単勝オッズ:4番人気までで12勝、単オッズ9.9以下で11勝
馬主、生産者:社台レースホース3勝、ノーザンF、社台F、白老がそれぞれ2勝
種牡馬、母父:ディープ4勝、ステゴとマンカフェが2勝、母父トニービン2勝
間隔:連闘、半年以上は消し
前走クラス、コース:同クラス10勝、昇級2勝、東芝1600が5勝、京芝1400外が2勝
短縮ショッカーリーチ:ダンサール 短縮B
逆ショッカーリーチ: 
アルティマリガーレ 短縮D  
サトノウィザード 後方一辺倒の馬

考察
上り最速のサトノウィザードを素直に信頼逆ショッカーが万が一成立した場合、アルティマリガーレが怖い以前、1勝クラスの時だが、1800から1600への短縮で決めている、成績を落としたのは馬場の悪さとみて、あらためて期待しようと思う前が潰し合ってくれて、差し追い込みで決まる

逃げ候補:想定ペース:ミドル、やや早い
結論と印:
◎ 3.サトノウィザード
○ 5.アルティマリガーレ
注 6.ウイングレイテスト、4.オースミカテドラル、8.レースガーデン

3戦目 15:00発走東京11R ウェルカムS 芝2000m(左)サラ系3歳以上3勝クラス(混)[指]ハンデ 出走登録19頭/フルゲート16頭/16頭

データ検索条件:3勝クラス、東京、芝、2000m、3歳以上、混合、ハンデ、2010年~、対象レース6戦
騎手、調教:偏りなし
年齢、性別:4~6歳、4歳優勢、牝馬1勝
斤量、馬体重: 55kgが5勝 体重比11.0~12.5% 11.5%~12.0 で3勝、12.0~12.5で2勝 440~499kgのレンジ, 440~459kgが2勝、460~479kgが3勝
枠番、馬番:10番以上で勝ちなし、偶数番、2,4,6,8,10が優勢
脚質:中団が4勝、上り3F1位が2勝
人気、単勝オッズ:1番人気の勝ちなし。2~5人気で6勝、単オッズ6.9以下で4勝
馬主、生産者:ノーザンFが2勝
種牡馬、母父:ステゴ2勝
間隔:3,4週で4勝
前走クラス、コース:同クラス4勝、昇級1勝、東京芝2400
短縮ショッカーリーチ:
逆ショッカーリーチ: 
ギャラッド 特に短縮が良いわけではない 
ベイビーステップ 短縮B 距離が合わない、延長でパフォーマンスを上げるタイプ

考察
ミーハーなコースだからミーハーな狙い方で良いとみます内枠、上り最速、大手の牧場ルメール騎手のレッドアルマーダは人気もするでしょうし、先行するでしょうし、好位で競馬をすすめると思うんですが、追い込み馬をしのげるほどの強さがないとみて切り前に行って末脚もあるカントルを本命前々走までずっと1番人気だったサトノエルドール、田辺騎手とも手が合いそうな点もプラス。前走に目をつぶって対抗ヒシイグアスはカントルと同系で、前に行きながら末脚もあるタイプだが、半年以上の休み明けが気になる

逃げ候補:オスカールビー
想定ペース:ミドル、やや早め

結論と印:
◎ 4.カントル
○ 3.サトノエルドール
注 12.ヒシイグアス消 14.レッドアルマーダ

4戦目 15:15発走 阪神11R カノープスS ダ2000m(右)サラ系3歳以上オープン(国際)(特指)ハンデ 出走登録19頭/フルゲート16頭/15頭

データ検索条件:2,3勝クラス、阪神、ダート、2000m、3歳以上、ハンデ、2010年~、対象レース7戦※ハンデ戦であるという事を重視し、クラスを下げて、国際・特別指定を外した
騎手、調教:偏りなし
年齢、性別:3~6歳、3歳優勢、牝馬1勝あり
斤量、馬体重: 53,54kg が3勝ずつ、56kgが1勝 体重比 12.5%まで、高い方が勝率は良い 440~539kg まで460~479kgがやや優勢
枠番、馬番:偏りなし、1桁馬番が有利か?
脚質:逃げ・先行で6勝
人気、単勝オッズ:1,2番人気が4勝、単オッズ3.9倍以内で4勝
馬主、生産者:ノーザンFが2勝
種牡馬、母父:母父フレンチデピュティが2勝
間隔:3,4週で6勝
前走クラス、コース:同クラス6勝、昇級戦の勝ちなし
短縮ショッカーリーチ: 
マイネルユキツバキ 短縮D
逆ショッカーリーチ:
カラプクア 短縮B 
ニューホープ 
ネオブレイブ 
プリンスオブペスカ 短縮B 
メイショウエイコウ

考察
後ろから行く馬が多い印象ダノンスプレンダーとメイショウカズサが2頭抜けているように見えるので、素直にこの2頭をとる普通にこの2頭でワンツーするんじゃないかな

逃げ候補:12.メイショウカズサ
想定ペース:スロー

結論と印:
◎ 9.ダノンスプレンダー
○ 12.メイショウカズサ

5戦目 15:40発走 東京12R ジャパンC 芝2400m(左)サラ系3歳以上オープン(国際)(指)定量 出走登録17頭/フルゲート18頭/15頭

データ検索条件:「ジャパン」を含む、東京、芝、2400m、2010年~、対象レース10戦
騎手、調教:武豊、岩田康誠が2勝、石坂正厩舎が2勝
年齢、性別:3~5歳、3歳の勝率が一番高い、牝馬5勝
斤量、馬体重: 53kg 2勝、55kg 4勝、57kg 4勝 11.5~12.0% が5勝、460kg~479kgが6勝
枠番、馬番:1枠1番3勝、15番2勝
脚質:逃げ1勝、先行4勝、中団5勝
人気、単勝オッズ: 5番人気以内で10勝、3番人気以内で6勝、1番人気と4番人気が3勝 単オッズ9.9倍以内で9勝、6.9以内で6勝
馬主、生産者:サンデーレーシング4勝、ノーザンF8勝
種牡馬、母父:ディープ3勝、ハーツ2勝、母父サンデーサイレンス、Bertoliniが2勝
間隔:4週5勝、5~9週5勝、明け2,3戦目
前走クラス、コース:同クラスが10勝、GIが8勝、GIIが2勝
短縮ショッカーリーチ: 
コントレイル
逆ショッカーリーチ: 
コントレイル 逆ショッカー成立するはず 
ユーキャンスマイル 短縮B メンバー中8番手以下のテンスピード 
ワールドプレミア メンバー中8番手以下のテンスピード 

考察
コントレイルは短縮・逆ショッカーのダブルリーチ状態だが、さすがにストレス疲労を抱えていてパフォーマンスが出せないかもしれないし、ノースヒルズ仲間が居なくて、ジェットストリームアタックも今回はできないので、プラス・マイナス、マイナスの方が怖い、加えて菊花賞勝ってからJCを勝った前例がないストレス疲労という点ではアーモンドアイも同じ。引退レースとしてもう一度出走しておこう、という程度に思えるし、引退前に故障の危険を冒してまで限界突破したような走りをさせる事はないと思う。グローリーヴェイズも強いと思うが、大外に入ってしまったのは痛恨、かつ川田騎手の GI 成績が良くないので勝ち馬候補として信頼できる点が少ない
2018年のアーモンドアイがやってのけた、秋華賞からのジャパンカップ、牝馬53kgというのをデアリングタクトが後輩として受け継いでほしいそしてまた長谷川牧場のインタビューが聞きたいので本命
不利はあるが、克服して欲しいと願いコントレイルを対抗にとる

逃げ候補:ヨシオ
想定ペース:スロー

結論と印:
◎ デアリングタクト
○ コントレイル
注 ユーキャンスマイル
消 コントレイル、アーモンドアイ

【WIN5予想】2020年11月29日(日)ジャパンカップ


今週のWIN5の買い目です
1戦目 9, 13
2戦目 3, 5
3戦目 3, 4
4戦目 9, 12
5戦目 5, 6
の合計32点です
スマート出馬表:https://www.smartrc.jp/v3/
Target Frontier JV:https://jra-van.jp/target/index.html
Netkeiba:https://www.netkeiba.com/
ウェブ競馬新聞.com:https://web-keiba.com/
デスクトップキャプチャーソフト:OBS Studio
動画編集ソフト:DaVinci Resolve

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です